Takahiko Inoue profile - Ino-Shu

InoShu

| HOME | Profile | Inoyan Profile |

proinoorg2.jpg

Takahiko Inoue (Drums)

Profile

本名: 井上尚彦(いのうえたかひこ)
生年月日: 1959年7月12日
星座: かに座
血液型: A型
身長: 185cm 体重: 67.5kg
出身: 大阪府堺市


公認ファンサイト
公式ドラムルーディメンツサイト

プロフィール

大阪音楽大学打楽器科卒業。
クラシックパーカッションを山高卓人氏、ジャズドラムを藤田博氏に師事。ジャズ、ラテンからロックまでその活動は幅広く、年間160本以上のライブを精力的にこなす。クラシックドラムルーディメンツに裏付けられたその確かなテクニックとオールラウンドなドラミングには定評がある。また彼の軽妙なM.C(トーク)のファンも少なくない。

【主な共演者】
山岡未樹(Vo) 五十嵐はるみ(Vo) 白竜(Vo) サンプラザ中野くん(Vo) shu(Vo) 小林裕(P) 田中裕士(P) 津垣博通(P) 井上信平(Fl) 土岐英史(AS) 塩本彰(G) 細野義彦(G) 宮野弘紀(G) グレッグ リー(B) 水橋孝(B) 和佐田達彦(B) 阿見紀代子(Vib) 土井啓輔(尺八)横山達治(Per) ・・・etc

現在、都内ライブハウス、レコーディングなどで活躍中。


パンスクールオブミュージック(小林亜星 学長)ドラム科講師
ヤマハポピュラーミュージックスクールドラム科講師
また、幼稚園の鼓笛隊アレンジ及び指導も行っている。

現在カノウプスドラム、ブジーンシンバルのエンドーサーを務める。
「ロックドラムハイパーテクニック」「プロ直伝ドラムテクニックの奥義」(ヤマハミュージックメディア)の著者でもある。

経歴

1959年 九州の博多に生まれ、大阪で育つ。11才の頃ドラムを独学で始める。

1976年 神戸市在住のジャズドラマー藤田博氏に師事。ジャズドラミング、クラシック、ルーディメンツを学ぶ。

1978年 大阪音楽大学音楽学部打楽器科に入学。山高卓人氏に師事。ティンパニー等のクラシックパーカッションを学ぶ。同年、尼崎市吹奏楽団に入団。全日本吹奏楽コンクールで金賞授賞。また、同楽団で香港に日本代表の芸術使節団として演奏旅行。

1979年 神戸のジャズクラブでプロドラマーとして活躍する。

1982年 大阪音大卒業と同時に上京。上京後('82~'95)オールラウンドプレイヤーとして数多くのセッションに参加。(ジョー・サンプル(pf)、スタン・ギルバート(b)、エルマー・ギル(pf,Vib)、土岐英史(As)、松本英彦(Ts)、・・etc)

1986年 ヤマハからドラム科講師として招かれる。

1988年 白竜(ビートたけしの映画「その男凶暴につき」準主演)の4thアルバム「ポジティブ」にレコーディング参加。その後、白竜バンドに加入。内田裕也ロックフェスティバルなどに出演。

1989年 白竜バンドで「ワンコリアフェスティバル」に出演し、日本を代表するブルースバンド憂歌団と共演。

1991年 石田桃子(俳優・石田純一の実姉)&アースマインド・コンサート(FM東京ホール)に出演。すがわらやすのりコンサートツアー参加。

1992年 愛知県浜松市「やらまいか」コンサートに和楽器で参加。

1993年 日中平和友好条約15周年「陽二蓮コンサート」出演。翔(元横浜銀蝿)ワンマンコンサートのサポートドラマーを務める。

1994年 東京キリスト教会主催「ホープワールドワイド」チャリティーコンサートに参加。アジアの子供達のために経済的援助活動を行う。また同年、「横浜ジャズプロムナード」ラテンの部に自己のバンド「ソンゴ・タキーオ」でゲスト出演し、好評を博す。

1995年 阪神大震災、義援ストリートパフォーマンスライブを行う。
戦後50周年中国養父母慰問ツアーに日本代表ドラマーとして中国のミュージシャンと共演し、成功をおさめる。

現在 フリーランサーとして数々のレコーディングやライブに参加している他、幼児マーチングバンドのアレンジ及び指導も行っている。

-告知-

http://www.inoyan.jp/では無料オンラインドラムレッスン開催中!